まなびプラス鶴見

お問い合わせ 月~土 16:00~22:00

〒230-0051

横浜市鶴見区鶴見中央3-18-21

​ミナトビル1F

鶴見中学校、鶴見小学校から徒歩2分
 

イトーヨーカドー鶴見店さん斜め前 ​

ヤマダ電機さん、ダイソーさん正面

  • Facebook
  • Twitter

©2019 by まなびプラス鶴見

思考力・判断力・表現力を育てる!

 中学生の指導していると、計算のように一定のルールのもとに機械的に手を動かしてさえいれば解ける問題には強いけれど、ちょっと込み入った文章題や、図形問題となるともうお手上げで、じっくり考えることができないお子さんを非常に多くみかけます。わからないというよりも、「あ~、ムリムリ。」とちょっと考えてみることすら拒んでしまっている様子。

 これは、小学生のうちに、思考力を育ててこなかったのが原因です。計算のスピードや精度を上げることだけに気を取られ、考えることを無意識のうちに排除してしまう勉強ばかりしてきたので、一番思考力の伸びる小学生の間に思考力が育たなかったのです。これでは大きく差のついてくる中学生以降に、子どもの学力が大きく伸びることはありません。

 もちろん、計算力も大切ですが、勉強はバランスが大切。まなびプラスでは、文章や資料を読んで分析し、自ら考え、解答を導ける能力や、自分の意見を述べられる能力を脳がまだ柔軟な小学生のうちに養います

 

 

小学部 設置コース

算・国コース

​中学生以降、学力が大きく伸びる学習をしよう!

 今まで、勉強といえば、専ら「知識」の詰め込み中心におこなわれてきました。しかし、2020年の教育改革を迎え、入試問題は大きく様変わりします。入試が変われば、学校の授業やテストも変わります。これからの小中高教育は「知識」を活用し、自ら考え、判断し、表現することのできる能力が要求されることになるのです。

 ただ、知識を教え込むことはできますが、能力を教え込むことはできません。算国英コースでは知識を詰め込むのではなく、知識を使いこなせる能力が身に付くよう指導をしております。​

※(小3~小4応用教材の一例)

まずこの文章題、問題文は長いですが、整数計算のみで、しかも、足し算と引き算だけで解答まで導けますので、小3以降であれば必ず解けるはずの問題です。

​ところが、かなり多くのお子さんが、問題を読むことすらせずに「わからない!」と解くこと自体を放棄します。

これは、やりぬく力が足りないことに加え、文章を絵や図など目に見える形でイメージ化できないことが原因です。言葉の字面だけを音にして読んでいるだけで、内容が全く理解できていません。これは、そのまま読解力の欠如に繋がりますので、やがて、中学高校での全教科の学習に影響が及びます。

​文章題が解けない子は、算数がニガテなのではなく、読解力が不足しているのです。

​しかも、読解力不足は本を読めばなんとかなるという話でもありません。まなびプラスにお任せください。

 

​英語特訓講座

小学生のうちに英検3級合格しよう!

 2020年度から小学校でも英語が正式教科化されます。小学校卒業までに連語や慣用表現を含め、習得する英単語数の目標は、小5〜6の2年間で600〜700語。これは現行の中学校段階の目標語彙数1200語の約半分です。
 習得しなければならない英語表現は非常に多く、小学生のうちからきちんと英語学習を進めておくことは、高校受験を有利に戦う上で必須です。
 部活で忙しくなる中学生になる前に、英検3級を取得しておきましょう。早い段階で3級取得した場合には、準2級、2級受験もサポートさせていただきます。

​ 英語特訓講座では、音読・多読・問題演習を中心に定着する英語教育を実践しております。

 

​2020年4月から、小学生カリキュラムが大きく変わります。以下の時間割・授業料等は2020年4月から適用されます。

 ◆ 小学部 時間割 

※ 夏休みなどの長期休み期間は平日の授業スタート時間が早くなります。

※ 2020年2月、3月の小学部時間割は 月曜から金曜 16:30~17:30 (小6は17:30~18:30)となっております。

​◆ 小学生コース月謝(税込

​※ 「英語特訓講座」は英語のみを当塾で受講される方の金額となります。
​※ 「算・国・英語特訓コース」は「算・国コース」と「英語特訓講座」を組み合わせたコースです。
​※ 教材費は別途徴収させていただきます。
   例 算国コース
​    授業用テキスト1冊 宿題用テキスト4冊(1学年分、約6,000円 実費)