• nomura

ゼロからトップを目指す英語 第2ステージ

 次の段階は、教科書英文暗唱です。英単語暗記に結構時間がかかるので、並行して進めることになると思いますが、少なくとも定期テスト範囲の英文はすべて暗唱して試験に臨むるようにしてください。


 和訳を見た瞬間に英文がスラスラと浮かんでくれば完成。言えたとしても、途中で詰まるようであれば不完全です。早口で言えるレベルまで磨き上げれば、定期テストで90点以下の点数を取ることができなくなります。


 教科書英文暗唱は最初が一番肝心です。英語学習のスタート段階から、英文朗読音声を聞きながら、シャドーイングなど繰り返して暗唱してください。音声を活用しなかったり、声を出して英文を読まないのは、時間ばかりかかって効果も薄いので絶対にやめてください。


 1年生の最初からこの方法で英語学習を進めていると、必ず英語ができるようになります。英語脳が作られるんでしょう。逆に、音声を使わない、音読もしないまま中3まで進んでしまうと、そこから英語脳に修正するのはかなり難しくなります。凝り固まった日本語英語脳はなかなか治りません。

16回の閲覧

最新記事

すべて表示

ゼロからトップを目指す英語 第5ステージ

トップを目指す場合、遅くとも第4ステージまでを中2末までに進めましょう。この時点で神奈川県の公立過去問で50~60点以上は取れるはずです。あとは、ひたすら公立入試対応教材をつぶしていくだけですね。神奈川県であれば、育伸社『極める神奈川』、教育開発出版『県トレ』、開成図書出版『Get Through』などを使っていくことになります。英語に関しては3年生の夏までに完成させておきましょう。夏休みまでに過

ゼロからトップを目指す英語 第4ステージ

第3ステージまでですでに英検3級合格レベルには到達していますが、万全を期したいのであれば、英文読解力を鍛えましょう。英検3級レベルであればスラッシュリーディングさえできれば英文は楽に読めます。 <スラッシュを入れる箇所の目安> ・長い主語の後 ・長い目的語の後 ・不定詞の to の前 (Ex. I am very happy / to meeet your girl friend.) ・動名詞の前

ゼロからトップを目指す英語 第3ステージ

ここまで来て、ようやく英文法学習が生きてきます。英文がすでにインプットされているからこそ、理屈がすんなりと頭の中に入ってくるのです、英文から離れたところで理屈を身に着けたところでそんなものは役に立ちません。むしろ、理屈で英文を組み立てようという意識が働いてしまうので、英語を英語で考えることができなくなり、英語脳は一生身に付かなくなります。恐ろしいことです。 細かい文法知識は問題を解きながら身につけ

まなびプラス鶴見

お問い合わせ 月~土 16:00~22:00

〒230-0051

横浜市鶴見区鶴見中央3-18-21

​ミナトビル1F

鶴見中学校、鶴見小学校から徒歩2分
 

イトーヨーカドー鶴見店さん斜め前 ​

ヤマダ電機さん、ダイソーさん正面

  • Facebook
  • Twitter

©2019 by まなびプラス鶴見