• nomura

ゼロからトップを目指す英語 第1ステージ

最終更新: 2019年1月31日

 英単語を知らない子で英語ができる子はいません。もちろん、英文法も大切ですが、文法が理解できたところで、英単語が書けないと、英文を作ることができませんし、穴埋め問題すら対応することができませんから、点数は取れません。


 まずは1500語を最低限の目標にして英単語を覚えましょう。英文を覚えることが苦じゃない人は英文ごと覚えられる、『例文で覚える中学英単語・熟語1800』『システム英単語 中学版』がおすすめです。英文で覚えるのは苦手だという人はリストタイプの単語集を使うことになると思いますが、その場合には『でる順パス単 英検』シリーズがおすすめです。このシリーズであれば、2冊目以降、何を使うかで困りません。塾でも使っています。


 中学生であれば、内申対策で教科書英文を覚えることになるので、単語集まで英文集だと厳しいようです。塾で中学生にリスト型の英単語集を使っているのはそういう理由です。ちなみに、まなびプラスでは毎週100個の英単語テストを生徒に課しております。コツさえつかめば、英単語暗記はそう難しいものではありません。

21回の閲覧

最新記事

すべて表示

ゼロからトップを目指す英語 第5ステージ

トップを目指す場合、遅くとも第4ステージまでを中2末までに進めましょう。この時点で神奈川県の公立過去問で50~60点以上は取れるはずです。あとは、ひたすら公立入試対応教材をつぶしていくだけですね。神奈川県であれば、育伸社『極める神奈川』、教育開発出版『県トレ』、開成図書出版『Get Through』などを使っていくことになります。英語に関しては3年生の夏までに完成させておきましょう。夏休みまでに過

ゼロからトップを目指す英語 第4ステージ

第3ステージまでですでに英検3級合格レベルには到達していますが、万全を期したいのであれば、英文読解力を鍛えましょう。英検3級レベルであればスラッシュリーディングさえできれば英文は楽に読めます。 <スラッシュを入れる箇所の目安> ・長い主語の後 ・長い目的語の後 ・不定詞の to の前 (Ex. I am very happy / to meeet your girl friend.) ・動名詞の前

ゼロからトップを目指す英語 第3ステージ

ここまで来て、ようやく英文法学習が生きてきます。英文がすでにインプットされているからこそ、理屈がすんなりと頭の中に入ってくるのです、英文から離れたところで理屈を身に着けたところでそんなものは役に立ちません。むしろ、理屈で英文を組み立てようという意識が働いてしまうので、英語を英語で考えることができなくなり、英語脳は一生身に付かなくなります。恐ろしいことです。 細かい文法知識は問題を解きながら身につけ

まなびプラス鶴見

お問い合わせ 月~土 16:00~22:00

〒230-0051

横浜市鶴見区鶴見中央3-18-21

​ミナトビル1F

鶴見中学校、鶴見小学校から徒歩2分
 

イトーヨーカドー鶴見店さん斜め前 ​

ヤマダ電機さん、ダイソーさん正面

  • Facebook
  • Twitter

©2019 by まなびプラス鶴見