top of page
52392496_2124431477664942_14247975128787

神奈川県でも非常事態宣言が解除されました。 5月25日からの自習室開放に続き、6月1日より通塾授業を再開させていただきます。


6月1日~6月14日 学年ごとに時間帯を分け、分散通塾

6月15日~6月末  通常授業スケジュールでの授業再開

7月1日~     英語特訓講座再開

コロナ感染拡大の兆候が見られれば変更もあり得ますが、 このまま終息に向かうようであれば、概ねこのようなスケジュールで 通塾授業を再開させていただきます。 当塾の感染防止対策ですが、 ・生徒が入れ替わるごとに徹底したアルコール消毒を行ないます。

・窓を常に開け、換気を行ないます。 ・生徒、講師ともにマスクをつけることを徹底させていただき、つけていない生徒には、塾の方で無料配布いたします。

・生徒の座席ごとに、パーティションを設置します。

・塾入り口には手指消毒用アルコールを設置し、生徒が希望する場合には家庭用に消毒用アルコールを配布しております。

・その他、講師は毎日の検温等、体調管理により一層気をつけます。






今までパーティションがなかった座席にも囲いを設置。








ここまでやっても、感染のリスクがゼロというわけにはなりませんが、 限りなくゼロに近づけるよう、塾でできる限りのことはやらせていただきます。 安心してお子さんをお任せください。

うちの塾ではコロナ感染防止対策のため、

オンライン授業を4月前半より行なっております。 (※5月末にていったん終了)

オンライン授業では、週3回(1回につき15分)音読指導を

生徒一人一人と行なっているのですが、 近隣の公立中に通う生徒の生徒の7~8割が教科書英文を暗唱できるようになり、

ポイントを押さえて真面目に取り組めば、 誰でも教科書暗唱できるものなんだな~と実感しております。

そのポイントですが、

1 内容理解

これに関してはなにがしかの授業か解説書が必要ですね。

塾では学年ごとにzoomで一斉オンライン指導をしております。

そのときに心がけているのは、文の構造をきちんと理解させること。 主語・動詞・副詞(句)・前置詞句・関係詞節を意識させ、

 → 主語・動詞には色を変えて蛍光ペンを塗り、副詞(句)や前置詞句は( )でくくる。関係詞節は[  ]でくくり、修飾関係を明らかにするなど。 後の音読が効率よく進むよう指導しております。 内容が理解できていない英文をいくら音読したところで効果は薄いですしね。 2 意味のまとまりを意識した音読

これはスラッシュリーディングにも繋がるのですが、

英文を音読するときには意味のまとまりをきちんと意識することが重要です。

ピリオドやカンマ、接続詞があれば区切るのは当然ですが、

それ以外にも前置詞句・副詞句のような意味のまとまり、関係詞節、that節など、

まとまりはまとまりとして読むという意識を強く持つことが必要です。

3 覚えられなければ分割しよう

覚えられない!と言ってる生徒も1ページすべては大変でも、

半分だけなら5~6回読むだけで覚えられたりします。

1ページを二つにわけ、半分ずつ取り組めば

15分で1ページくらいは簡単に覚えられますよ。

4 音声を聞く

一度、授業を聞いただけで、きちんと発音できる生徒はほとんどいません。

英文を見ながら、イヤホンで音声を聞き、